社長あいさつロゴ.jpg

 

「いい家っていうのは、住む人にとってだけではなく、ご近所の誰もがいいなって思うもの。みんなが真似をしたくなるし、そこに集いたくなる・・・そういう家が増えていけば、みんなの家や暮らしが楽しいコミュニティになっていって子どもたちへと続いていく。そういうものだと思います。」

 

2無垢のおっちゃん.jpg



みなさまと私たちが、京都で一番

こころゆたか くらしゆたか になりますように







三浦 享浩

 

「こころゆたか くらしゆたか」壮大なことに真剣に取り組む

 

木に命を吹き込む、木を生かす。

それによって夢と笑顔あふれる社会を実現する。

(弊社理念、ミッション抜粋)

 

 

誰もが、長く快適に、と望む。

 住まいはメンテナンスフリーではありません。

 長期優良住宅に代表されるように定期的なメンテナンスが必要です。空き家問題を例にするとわかりやすい。清掃という基本的なメンテナンスを住まいが失うとどうなってしまうか。老朽化が一層進んでしまいます。

 しかし「メンテナンスを義務化すること」が長く快適に暮らす答えなのでしょうか。そう考えると住まいの長持ちの本当の秘訣が見えてきます。

 

 

住まいの長持ちの秘訣とは。

 それは住まいが継承されることに全力を注ぎこむこと。

 住まい手が、その住まいに愛着を持てること。メンテナンスが住まいの痛みの補修にをすることに置き換えられてしまうと、住まいのことが嫌いになっていってしまう。単なる補修をずっと続けていくことなど誰もできません。

 

 

快適な暮らし〜そもそも「快適」とは。

 快適な暮らしとは健康や省エネにこだわることでは得られません。快適とは満足に暮らし続けられること。快適でなくなってしまうと満足に暮らし続けられなくなってしまう。住まいへの愛着は補修ではなく、愛でることからはじまるのです。

 

 

こころゆたか くらしゆたか を宣言します。

 さらに子々孫々とその住まいに愛着をもてることで、百年という単位で住まいは継承される。

 愛着の原点は住まい手の「暮らす」という強い意思。そしてその意思を、造作という形と、暮らしという時間に変える技術を育んだ私たち作り手。家を買う、のではなく、子育てと同じように生み育てる。そうすることで住まいに愛着を持てる。満足に暮らし続けられる。満足が続いていくと快適な暮らしが続いていく。みなさまのお住まいが京都で一番「こころゆたか くらしゆたか」なものになっていく。

 

 

私たちが大切にしていること。

 愛着を持つことができ、住まいを礎にした小さな豊かさの集合がやがて大きな心の豊かさ、暮らしの豊かさになっていく。そして住んでいる家を、住んでいる場所を、住んでいる地域を大好きになっていける。笑顔があふれる社会がそこにある。このことこそが豊かな暮らしの具体的な形ではないでしょうか。

 その実現のために、私たち三浦製材「+e.wood」は、京都の木、無垢の木を採用した無添加住宅と、自然エネルギーを最大限に利用するパッシブデザインに全力で取り組んでいます。

 お客様と「+e.wood」は共に。みなさまと共に。欲しい未来を私たちで築きましょう。

 

 

京都で一番 こころゆたか くらしゆたか になる

+e.wood(プラスイーウッド)

スタッフ一同


ムクハウス資料請求.jpg TP問合バナー.jpg