湿気と暗さに悩んでいたお部屋を、気持ちよくしたくてやってみたら、お孫さんが毎日寝る快適空間に(京都市北区)

2017年9月15日竣工

M様、長らくお待たせいたしました。誠にありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

9/4より、京都市北区にて

「おいしい空気のお部屋」リフォーム工事がはじまりました。

 

+e.woodの新しいリノベーションブランド、

無垢材・自然素材専門のリノベーションスタジオ「MUKU-RENO」

ジャストのタイミングで工事がはじまることになりました。

 

現場状況 竣工(9/15現在)

M様915.JPG

詳しくは下部の現場レポートへ



現場バナー2.jpg

 

 

お施主様は、自然素材を扱うリフォームショップを数社検討されたそうです。

なぜだかしっくりこなかったそうなのですが、そんな折、弊社とお話してみたところ・・・。

弊社を選んでいただいて感謝いたします。しっかりと工事してまいります。

 

鷹峯看板.JPG
北大路千本を上がります。京都市内にお住まいの方々には見慣れた風景。

鷹峯看板2.JPG
左へ上がると鷹峯に、右へ進むと北山通り。

佛教大学.JPG
佛教大学です。
こちらも京都市内の方々にはお馴染みの風景。

鷹峯.JPG
鷹峯の方に向かいます。しばらく進むとセブンイレブンが見えてきます。現地はもうすぐです。

 

9月4日現在@ 押し入れ解体撤去

M邸1.JPG

写真には押し入れが写っておりませんが、押し入れを解体撤去して部屋を広くし、畳から無垢の床材に張りなおします。

もちろん、使う接着剤は「ニカワ」!

遮音用の束は樹脂ですが、それ以外はすべて自然素材。束ももちろんニカワで接着いたします。




9月4日現在A 壁体内調査(カビ検査)

M3邸.JPG

右側足元の壁の穴・・・わかりますか?お施主様、結露と湿気に大変悩んでらっしゃったのこと。

穴をあけて、外壁コンクリートをチェック。「カビだらけなのではっ?」と思いましたが、結果は全然大丈夫。おそらく、住まいの湿気と外(林に隣接している)の湿気が要因。

マンションにお住まいの方。外壁側の壁の下地(壁の裏)、結露が原因でカビだらけになっていることが多いので、このポイントは要チェックです!


9月4日現在B 養生
300M邸2.JPG
無添加住宅の漆喰(しっくい)を塗る下準備でエアコンは取り外すのですが、一旦はホコリが被らないように養生。


さあ、いよいよです。






9月8日現在 漆喰前夜
300M様0908.JPG
大工工事完了。
本日より漆喰塗りの下地です。
押し入れを撤去したところはラスボード。
写真では分かりにくいですが、天井の見切り等、既存の材料を使ってうまく納まっています。
大工さんありがとう!

9月11日現在 漆喰施工直後
森様しっくいB.jpg
漆喰施工直後。

黄土、という土を混ぜています。
通常、漆喰は真っ白なのですが、今回は少し落ち着いた雰囲気を出すために色をつけました。

塗った直後なので少し濃く見えますが、乾燥するともっと明るくなります。

9月11日現在 漆喰施工直後A
森様しっくいA.jpg
この後、除湿器を設置。

数日、乾燥させた後、
エアコンの再取付、スイッチ、コンセント、照明の取付、清掃片付け、
にて完了です。


9月15日 竣工
M様915B.JPG
おかげさまで本日、竣工いたしました。

エアコンのガスチェック、
設置、
片付け、清掃、

完了です。
9月15日 竣工
M様915.JPG
写真ではわかりにくいですが、
以前の部屋に比べて見違えて明るくなりました。

壁に塗った漆喰には土を混ぜ、少し白さのトーンを落としたのですが、それでもビニルクロスには比べものにならない明るさです。
9月15日 竣工
M様915A.JPG
床材はホワイトオーク。

マンションのリフォームなので、床下に遮音用の2重床にするためのCP束を設置しています。
スラブとCP束の接着は「ニカワ」を使用。
漆喰にも接着材を使用せず、床下地にも接着剤を使わない。
MUKU-RENOのリフォームでした。
M様、長らくお待たせいたしました。今後ともよろしくお願いいたします。

 

1施工事例請求.jpg