安全であること

 

耐震性に根拠を持つ

 

4号特例の廃止を求める声

2018年1月17日の日刊木材新聞に記載がありました。木造住宅の耐震性向上の記事の中で4号特例廃止を訴える声が上がっています。

エンドユーザーにとって「4号特例」というと難しく聞こえ敷居が高いと思います。簡単に書くと「木造住宅(2×4工法含む)2階建ては構造計算しなくてよい」という特例です。

建築基準法では「構造計算」は義務となっています。おそらく皆さんも「構造計算は当たり前」だと思ってらっしゃるでしょう。しかし、上記のように特例が設けられており、日本で建築されている木造住宅の97%は「構造計算されていない」とも言われています。

さらに住宅メーカーに代表される「型式認定」も工法の認定を得ることで、法律が定める構造計算をしなくても建てることができます。

「構造に根拠を持つ」ということはお客様のためにあることですが、建てる側の理屈で特例が設けられている、ということが事実です。

 

20180117木材新聞.jpg

 

 

構造計算をする

 

「構造計算しますから大丈夫ですよ」の落とし穴

住まいを建てようと思った時、当然お客様は耐震性のことは気になると思います。「構造計算しますから大丈夫ですよ」と説明され、今どきの建物ならきっと大丈夫だ、と信用していることと思います。

しかし、法律で定められた構造計算は「許容応力度計算」「限界耐力計算」の2つだけ。それ以外の「計算」は「構造計算」ではありません。耐力壁の計算、n値計算、そういったものが「構造計算」という言葉に置き換えられお客様に住まいが提供されています。

耐震性に根拠を持つ。そのためには法律で定められた「構造計算をする」ということが大切です。

 

CAD写真2.jpg 構造計算.jpg

MUKU HOUSE は、2階建であっても全棟「許容応力度計算」を行った構造設計を提案しています。

 

耐震等級の落とし穴

2000年、住宅性能表示制度がスタートいたしました。この中で「耐震性能」という言葉がハッキリと顕在化され、「耐震等級」と呼ばれる基準により住宅の耐震性能が表されるようになりました。それまでの「工法により地震への強さが違うのではないか」という心配をせず、どんな工法で家を建てても(工法による技術的な違いを知らなくても)耐震性能に安心ができる画期的な基準が示されました。

しかし、その耐震等級はどうやって計算されているのでしょうか?

最高等級である「耐震等級3」だから耐震性が高い・・・・本当にそうでしょうか?

 

例え話をひとつ。

学校の通知表を思い出してください。5段階で評価される(5が一番良い成績)と仮定します。

筆者は京都府立高校を卒業しましたが、数学の通知表は「5」だったとしましょう。

「5」は一番良いわけですから筆者は自慢します。「数学は5やでっ!」と。しかし隣に、もし日本でも有数の進学校のA君が「僕も数学は5だよ」と言ったとしたら・・・。

お互い「5」なわけなのですが、その内容が違うことはどなたにも判ると思います。

※例え話です。府立高校の5段階評価に対する意見、悪意や特定の個人を中傷するものではありません。


ここで言及したいのは「5」という評価が、まったく違う基準で評価されている、ということです。

耐震等級3という評価は本当にすべて同じ基準で評価されているのでしょうか?

木造2階建ての家のほとんどが「構造計算されていない」のに、どうやって「3」という評価を得たのでしょうか?

構造計算をした「3」と構造計算をしていない「3」は本当に同じ「3」でしょうか?

 

MUKU HOUSEは、許容応力度計算(構造計算)をもとにした耐震設計を行っています。