京都府内産木材を使う住環境づくり

三浦製材株式会社は、昭和27年創業の66年続く木材専門店。この京都の地で地元の木材を長年取り扱ってまいりました。

しかし近年、木材を取り巻く環境は、安価に提供するため、流通を優先するため、そういった経済活動を優先し、私たちが長年愛してきた木材にとって良くないことも是とし、我々の生活に無くてはならない木材製品がそのような環境下で出回るようになりました。

 

そして木造住宅。わが国でもっともシェアを占めるこの住宅にも、そういった木材が当たり前のように使用され建てられています。

私たち三浦製材株式会社は「+e.wood」としてあらためて理念と意思統一をはかり、木材や木材製品、住まいに関して安全で安心できる住環境を創造し、我々、また皆様の生活がゆたかになることを目指した企業活動に邁進しています。

 

なぜ京都の木を使うのか。