シックハウスについて

シックハウス症候群
シックハウス症候群

住まいの建材等が出す揮発性化学物質を空気といっしょに吸い込んでしまい、それに身体が拒絶反応を起こすことで起きるシックハウス症候群。
目がチカチカする、頭が痛い、体がだるい、吐き気がする…。「今まで平気だったから大丈夫」と安心はできません。突然、症状が出ることもあります。なぜなら、誰でもある程度までなら許容できる範囲を持っているのですが、その許容範囲を超えると症状が出てくるからです。そして、この許容範囲には個人差があるため、同じ家に住んでいても症状が出る人と出ない人がいるのです。
今は平気でも、じわじわと確実に体に蓄積され、様々な症状を発症します。
そして、その症状が進んでひどくなると非常に恐ろしい化学物質過敏症へと進んでしまいます。シックハウス症候群とは、化学物質過敏症の前段階なのです。
皆さんは、花粉症でくしゃみや鼻水に悩まされたことはありませんか…?
食物アレルギーでじんましんや熱に苦しんだ経験はありませんか…?
シックハウス症候群。こんな恐怖が家中の空気に充満しているとしたら…。

だから無添加の家づくり。

無添加住宅とは、化学物質を使わずに天然素材でつくる安全で安心な住まいです。
身体に良くないものは使わない。こんな当たり前のことに目をつぶってきたのが日本の住宅産業です。コスト優先、均一な品質で大量生産するために、化学建材を多用した住宅づくりが「シックハウス」を生み出したと言えるでしょう。シックハウス症候群の原因のほとんどが接着剤に含まれる化学のりだとわかってきました。化学のりを一切使わずに家を建てることはできないものかという長年の研究の結果、ついに体に良い、無添加の家が完成しました。さらに、建材などには天然素材を吟味して選び、究極の無添加を実現。化学物質を使わずに、自然で健康な家づくりを進める「無添加住宅」の誕生です。
「無添加の家」は、極限にまで自然素材を採用しています。例えば、化学のりに代わる接着剤として、米でつくる「米のり」・動物の骨や皮を煮てつくる「にかわ」などを使っています。長年の研究の結果、無害な自然のりを安定的につくり、建具に利用するなど実用化することができたのです。また、問題の多いビニールクロスに代わる内装素材として、安価な「漆喰(しっくい)」塗り工法を開発するなど、化学物質を使わない無添加の素材と工法で住まいづくりを進めます。

シックハウス保証。

健やかな空気を保証します。(住宅業界初)
弊社基準の無添加住宅の新築にご入居されたお客様において、完成引き渡し後3年以内にシックハウス症候群を発症した場合、お客様の症状の確認及び現場の調査を行ない、メンテナンス範囲を確定後、シックハウスの原因となる部分について再工事を行うものです。
詳しくは弊社担当者までお問い合わせ下さい。

詳しくシックハウス保証について