メンテナンスがいらない家はない。

だからこそ、メンテナンスの必要性の少ない無垢材をお薦めしています。

日頃お手入れが大変とか、扱うのが面倒とか思いがちな無垢材。しかし本当は簡単にお手入れや補修が出来ます。

新建材よりもストレスが溜まらない生活が可能です。


逆にいつまでも品質劣化する事無く、時間に負けないデザインとして素材の魅力を持ち続けるのが自然素材。
お手入れの方法はさまざまですが、それぞれに合った方法で、きれいな状態を保つことが可能です。

 

 

一例)

子どもがよろこぶ、アイロンを使った無垢フローリングのキズの補修

 


→お住まいされているお客様へ 部位別お手入れの概略


なぜ京都の木を使うのか

+e.woodにしかできないサービス

 

答えは簡単です。

木が生まれ、どのように加工され、だれが加工したのか?

しっかりと管理、プロデュースが可能だから。

 

昨今、国産材がもてはやされています。地産地消、またエコロジーの点からも素晴らしいことです。

ですが、世界に誇るプロダクトマネジメント意識の高い日本において、木造住宅の構造材に関して提供者側も購入者側もどれだけの人々が強い意識を持っているでしょうか。

 

創業65年の木材専門店「+e.wood」にしかできないお客様へのサービスです。

 

 

京都の木、無垢材でのみ叶う、設計・構造・施工の基本となる+e.woodの3つのデザイン

ここちデザイン.jpg

→詳細はこちら
丈夫デザイン.jpg

→詳細はこちら
長持ちデザイン2.jpg

→詳細はこちら