ふんわり暖かい家、パッシブデザインの魅力/京都の注文住宅 三浦製材「+e.wood(プラスイーウッド)」

ふんわり暖かい家、パッシブデザインの魅力

皆さん、こんにちは。+e.wood(プラスイーウッド)の住まい「MUKU HOUSE」の設計にはパッシブデザインを採用しています。

パッシブデザインとは、極力エアコンなどの機械に頼らないように設計し、小さなエネルギーで心地よく過ごせるようにする設計手法。

また「MUKU HOUSE」が目指すパッシブデザインは、上記に加え暖かく感じる素材、涼しく感じる素材など材料選びにもこだわって、さらに快適な体感を追求した住まいのこと。省エネに加えて自然や四季を感じられるという魅力があります。

夏の暑さに対しては、風向きと窓の位置を計算し、熱をため込まないように配慮する。結構見落とすことのひとつ「冬暖かい家は夏は暑い」。ですから内装素材の選択にも工夫を凝らし、体感上涼しく感じるように仕上げる。冬の寒さに対しては、太陽の日差しなどを利用してため込んだ熱を逃がさないようにし、翌朝の室温が15℃以下にはならないようにします。

エアコンを否定するのではありませんが、材料・素材も含めて自然のエネルギーを有効に、大切に使わせてもらおうという考え方の住まいが「MUKU HOUSE」なのです。

実際に、昨年11月にはお客様の住宅が完成し、「エアコンや暖房器具を使用しない状態」での見学会を開催させていただきました。実際にはご入居していないので、太陽の力だけで日中は17℃近くまでしか室温は上がりませんでしたが、翌朝になっても14℃を下回ることがありません。外気温は4℃まで下がっていましたので、見学されたみなさんから「暖かい!」という声をいただきました。もちろん、エアコンは使用していません。

実際に生活がスタートすると、ご家族の体温やエネルギー、家電の熱なども加わり、太陽とそれらのエネルギーで20℃近くまで室温があがります。

やはりご入居後、「暖かい!」という声をいただきました。



「暖かい住まいに憧れる…」という方には自信を持って「MUKU HOUSE」をお薦めいたします。
お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA