「無垢」という言葉が持つ意味/京都の注文住宅 三浦製材「+e.wood(プラスイーウッド)」

「無垢」という言葉が持つ意味

皆さん、こんにちは。三浦製材代表の三浦です。

皆さんは「無垢材」という言葉に関して、どんなイメージをお持ちでしょうか? 

「“ムク”という種類の木がある。木の名前のことでしょ」とおっしゃる方もいますが、それは思い違いです(笑)。「無垢材」で検索すると「合板や集成材ではなく、丸太から切り出した木材」と言った解説がされていますね。間違いではありませんが、私はそれだけではない、と思っています。

無垢」とは、「まじり気がなく、素材がもっている本質、特徴が際立っていること」だと私は思います。




つまり「無垢」とはモノではなく、考え方のこと。

原木の一本一本が持っている特性をしっかりと見極め、丸太の表と裏を判断し、その木が持つ良さを際立たせるように製材することによって、本当の意味での「無垢材」が生まれるのだと思うのです。原木に命を吹き込み「無垢」を極める木材屋という意味で、私たちは「無垢屋」でありたいと思っています。

同じことは木だけではなく、鉄やアルミ、ガラスにも言えます。住まいを創りあげる素材にも“無垢”なものが存在しているはずなのです。素材それぞれが持つ特性を理解して、その良さを引き立たせた住まいが、+e.wood(プラスイーウッド)がご提供するオリジナル住宅「MUKU HOUSE」なのです。

参考に「無垢」という言葉を辞書で調べてみましたので、お載せしておきます。

 1.欲望・執着など煩悩(ぼんのう)がなく、清浄なこと。例としては「清浄無垢」

 2.心身が汚れていないこと。潔白で純真なこと。例としては「無垢な娘」

 3.全くまじりけが無いこと。純粋であること。例としては「金無垢」

 4.全体が無地で一つの色の衣服。染めていないもの。「白無垢」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA