「内部割れ」と「外部割れ」、木の割れ方の違いとは?/京都の注文住宅 三浦製材「+e.wood(プラスイーウッド)」

「内部割れ」と「外部割れ」、木の割れ方の違いとは?】

皆さん、こんにちは。+e.wood(プラスイーウッド)三浦製材です。

木材には割れが生じることがありますが、「内部割れ」と「外部割れ」の違いはご存知でしょうか? 「初めて聞く」という方も多いかもしれませんね。

文字通り、外側から割れる「外部割れ」は「表面割れ」とも言い、木の内部が割れるのが「内部割れ」、なのですが、内部割れは耐久性に悪影響を与えるので注意が必要です

ポイントはその発生原因にあります。

木材の乾燥方法には蒸気式の高温乾燥機を使用する「ドライングセット法」という手法があります。表面の割れや狂いを防ぎながら乾燥させる方法として一般的になっているのですが、高温で乾燥させるために内部に割れが生じます。外観的には美しい木材となりますが耐久性が落ちる可能性があり、さらに内部割れは目では見えないので注意が必要です

一方、木材を天然乾燥、もしくは低温乾燥させると表面から徐々に水分が減少していくため、表面に割れを生じることがあります。これが「外部割れ」とよばれるものですが、内部組織には木特有の粘りを保持しているので、耐久性は弱まりません。

法隆寺などの伝統建築物では柱に割れを見かけることがありますが、天然乾燥を行っているためであり、構造的には何の問題もありません。

つまり、「割れがないから良い木材」とは限らないのです。

木の世界、奥が深いですよね!

詳しくお知りになりたい方は、お気軽におたずねください!

じっくりと、お話させていただきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA