「木」が持っている、本当の自然の姿とは?/京都の注文住宅 三浦製材「+e.wood(プラスイーウッド)」

「木」が持っている、本当の自然の姿とは?

皆さん、こんにちは。

+e.wood(プラスイーウッド)三浦製材代表の三浦です。

「無垢のおっちゃん」として、最近思ったことを少し書かせていただきます。

今の世の中、人工的に手を加えている商品が多く、「本当の自然の姿」が分からなくなっていませんか? 

たとえば野菜の収穫時期。キュウリはいつ採れるのかご存知でしょうか? ナスは? キャベツは? レタスは? 実は私もすべては分かりません。ただし、自分の畑で栽培しているのはわかります(笑)。

では本当の「木」の色は? 香りは? 艶は?

お載せしている写真のように、木の色は赤っぽい所と白っぽい部分に分かれています。節は黒ではなく濃い赤色。でもこうしたことを知らない人が多すぎだと思います。素人の方はともかく、材木屋さんや工務店さんの中にも知らない人が多すぎです!

おかしくない?(笑)いや、もっと言えば危険なことではないか、とも思います。

本来あるべき色や香りを知らなくて、本当に良いものは売れないし造れないはずです。

原点に返りましょう! 

極力手を加えない、自然の姿形が一番良いものだと思います。

それは食品だけに限らず、安全性や耐久性を求める建築にだって言えるはず。

自然のまま、ありのまま。何が本当で何が嘘なのか、知りたいと思いません?

ズバリ私は話せますよ(笑)。

もっと詳しく知りたい、と思われた方は、ぜひ「木のコンビニ」に遊びに来てください。木材談義、建築談義をしましょうよ!

木のコンビニ店長 無垢のおっちゃんがお待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA