男の憧れ空間!秘密の隠れ家! リノベーションで「書斎」をつくる/京都の注文住宅 三浦製材「+e.wood(プラスイーウッド)」

【男の憧れ空間!秘密の隠れ家! リノベーションで「書斎」をつくる】

皆さん、こんにちは。+e.wood(プラスイーウッド)三浦製材の中川です。 

「隠れ家空間、書斎に憧れる…」というお話しはよくお聞きします(特に男性から!)。今回はそんな夢をお持ちの方に、三浦製材のリフォーム「MUKU-RENO」の大規模リノベーションによって、「書斎」を実現されたK様邸をご紹介いたします。 

もともとは2階から3階へ続く踊り場にあった収納スペースでしたが、K様との打ち合わせの中で、ここを書斎に作り替えることに。扉にはK様がご自身で探し出された“時代建具”を採用し、書斎の床は色味を揃えたオイル塗装仕上げに。

書斎内部は造作テーブルと、蔵書の量やサイズに合わせたオリジナル収納棚を設置。壁面の一部にはアクセントウォールとして店舗用のクロスを採用したほか、お気に入りの照明器具など細やかな仕上げにもこだわりがちりばめられています。趣味の読書やちょっとした仕事に集中できる空間として、K様にもとてもご満足をいただきました。

「こんな空間にしたい」というお客様の憧れや想いをお聞きし、ゴールから逆算してプランをご提案する。必要ならばリサイクルの時代建具も活用する。それが三浦製材のリノベーション、MUKU-RENOのスタイルなのです。

皆さんの憧れも、ぜひお聞かせくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA