マンションリフォーム【結露とカビを何とかしたい】

濃い色の無垢床材と漆喰(しっくい)壁の住まい
O様邸

結露とカビ対策の工程 / Before
すっかりイメージが変わりました / After

コメント

滋賀県大津市にて築30年以上となるマンションのリフォーム
・結露とカビに困っている
・2年前にもカビ対策のリフォームをしたのに
・原因を含めて解決したい

そんなお悩みのご相談から始まりました。
ご近所にそのマンションを建てた不動産会社のリフォーム会社があり、そこで2年前にリフォーム。今回も相談している、とのことだったのですが・・・

1-1
よくあるマンションの結露問題の原因

築年数のあるマンションでは、外側の壁に断熱材が無く直接クロス(壁紙)が貼ってあったり、断熱材は施工してあるのですがまったく湿気・結露対策のできていない施工をしてあったり、などの抜本的な問題が多いのです。

こちらのお住まいは断熱材が無く、直接クロスが貼ってある施工でした。
2年前のリフォームではその上から珪藻土が塗ってありました。

結露は物理現象

結露は物理現象です。室内と室外の温度差により結露は発生いたします。
さらに外気温が何℃、室内温度が何℃で湿度が何%の時結露する、など実際は計算が必要なのですが、

湿気を吸う素材で仕上げたら結露しない

などというデマがリフォーム業界にはあるようなので注意が必要です。

余談ですが、珪藻土や漆喰などは調湿性能の優れた建材ですが、市販されているほとんどは「塗りやすくするために接着剤が混入されており、期待するほどの調湿性能は無い」ということがありますので注意してください。

mutenka-shikkui

弊社が採用している無添加住宅の国産漆喰

少し専門的に書くと、

漆喰は水を大量に使い乾くのに時間がかかり、ゆっくりと乾燥していく間に炭酸カルシウムが結晶化(方解石)します。接着剤(樹脂)を混ぜると結晶化の妨げになるのです。

※珪藻土
珪藻土は漆喰と違い、水だけでは塗布することができず接着剤を混ぜるしか塗る方法がありません
一部の珪藻土は自然の糊シェラック(セラック)などを使用するなど、健康と本来の性能を両立させているものもあります。

目的達成のためにはスケルトンに

工事の内容は結露・カビ対策と水廻りを含めた内装リフォーム。
但し、結露とカビは内装をやりかえるだけでは解決しないので、

ほぼスケルトンになりました。

・スケルトンまで解体し
・間仕切りや内装壁をやり替える
・カビの除去
・触媒によりカビ発生を長期に抑制
 (身体の健康のため有機溶剤を使用しない)
・湿気で傷まない断熱材を使用(炭化コルク+サーモウール)
・漆喰で仕上げる(接着材無し)

という工程で仕上げました。
畳もかなり傷んでいたので撤去、バリアフリーへ。
襖戸は木製建具に変更し、見た目にもスッキリと。押入の中も湿気対策で漆喰を塗りました。

床材はもちろん無垢材「杉」。しかも三浦製材オリジナルの低温乾燥材なので木材本来の性能を発揮。健康にも良いし腐りにくい。なにより「臭くない!」。

O様、ありがとうございました。この冬は快適にお過ごしいただけますようアフターもしっかり対応させていただきます。