亀岡市が「レジ袋禁止条例案」を提出!/京都、亀岡市の注文住宅 「+e.wood(プラスイーウッド)三浦製材」

【亀岡市が「レジ袋禁止条例案」を提出!】

皆さん、こんにちは。+e.wood(プラスイーウッド)三浦製材の中川です。
先日、亀岡市はプラスチック製レジ袋の提供を全面的に禁止するという、全国でも初めての条例案を、市議会に提出したそうです。

レジ袋有料化の義務付けを7月に実施する方針、すでに国から出されていました。
しかし、亀岡市の条例案は一段と厳しいもので、スーパーやコンビニなどでプラスチック製レジ袋の提供を、有料であっても禁止するほか、紙袋などの無料提供も禁止するものです。
市議会での議論を経て、8月の条例実施を目指すとのこと。

その背景には、川下りで知られる保津川にもプラスチックゴミが目立ち、観光業への影響が懸念されるだけでなく、環境破壊を抜本的に防ぐための行動が必要という認識があるようです。

三浦製材の製材所横にも川が流れています。保津川水系ではなく、大阪湾に注ぐ安威川の源流にあたる東掛川です。
大雨のあとなど、この川にもペットボトルなどのゴミが流れくることがあり、残念に思うこともありました。

山や川を守り、木を育むためは、少しでも環境への負荷を減らすことは大切だと思います。
レジ袋がなくなると、不便を感じることもあるかと思います。大きな荷物をどうする?というような懸念もあるようですが、対処法もあると思います。

条例案が可決されれば、積極的に協力をしたいと思います。
亀岡市の「レジ袋禁止条例」の本来の想いが、全国にも広がることを期待したいと思います。

「毎日が心地いい」を創りたい!