「墨出し」ってなに?/ 京都、亀岡市の注文住宅 「+e.wood(プラスイーウッド)三浦製材」

「墨出し」作業
墨を打った状態

みなさんこんにちは。
亀岡市、京都市で注文住宅やリフォーム、リノベーション工事を手掛ける
+e.wood(プラスイーウッド)の大見です。

「墨出し」(すみだし)という言葉をお聞きになったことはあるでしょうか?
紙やパソコン上で図面を描くときは、「書く」といいますが、
その内容を実際の現場で再現することを「墨出し」と言います。
文字通り墨を使って現場に線を引いていきます。
二人で墨の付いた糸を引っ張り、それを弾いて線を引いていきます。
「墨を打つ」といいます。
昔ながらの方法ですが、これに代わる方法がなく、現在もこの方法が
取られています。
今回は木造建物の基礎位置を出しています。(※1)
コンクリートの上に黒い線が見えると思います。
その「墨出し」した線を基準に工事を進めていきます。
そして、これを基に鉄筋を組んでいきます。

(※1)「墨出し」はコンクリートだけではなく木材にすることもあります。 

「墨出し」を基に鉄筋を組みます

「毎日が心地いい」を創りたい!