亀岡市の「カフェ・ギャラリー開設支援」制度とは?/ 京都、亀岡市の注文住宅 「+e.wood(プラスイーウッド)三浦製材」

【亀岡市の「カフェ・ギャラリー開設支援」制度とは?】

皆さん、こんにちは。亀岡市、京都市で注文住宅、リフォーム・リノベーション工事を手掛ける+e.wood(プラスイーウッド)三浦製材の北村です。

地元・亀岡市では移住や定住促進のために、積極的に様々な施策を行っています。
たとえば
・空き家に関する相談会など、各種イベントの実施
・亀岡市移住・定住促進施設「離れ」にのうみの運営
・亀岡市 婚活イベント”みんなde亀コン”の開催
・子育て世帯へのUターン支援について・・・
などなど。

そのなかには「カフェやギャラリーなどの開設への支援」という制度があることを、先日発見しました。
これは、亀岡市内のカフェやギャラリーなど、概ね10名以上が交流できる施設に対して、一定の条件を満たせば最大20万円の施設整備費用を支援するという制度。

観光客や地域住民が気軽に集い、交流を深められるスペースを整備することで、街の魅力を高めて移住や定住を進めようという目的です。
既に、この制度を利用して設備を改修されているお店もあるようです。

私たち+e.wood(プラスイーウッド)のショールームでもある「カーサ・フェリーチェ」も、多くのお客様や亀岡の地元の方たちが集っていただけるようにと、少しずつ改装を重ねています。
さらに居心地のいい空間にするために、こういった制度の活用も考えてみたいな、と思います。

「カフェやギャラリーなどの開設への支援」制度の詳細はこちら。
カフェなどの起業を考えている方も、チェックしてみてください!

http://www.city.kameoka.kyoto.jp/izyuteizyu/cafegallerysien.html