〜現場監督レポート〜亀岡市で新築住宅工事がスタート/京都、亀岡市の注文住宅 「+e.wood(プラスイーウッド)三浦製材」

【〜現場監督レポート〜亀岡市で新築住宅工事がスタート】

皆さん、こんにちは。亀岡市、京都市で注文住宅、リフォーム・リノベーション工事を手掛ける+e.wood(プラスイーウッド)三浦製材、現場監督の大見です。

先日から亀岡市千代川町で、新築住宅工事が始まりました。
まずは建物の土台となる基礎工事から。敷地の形状や高低差などを踏まえたうえで、建物の配置と高さを確認してから、ユンボで掘削を進めていきます。地味な作業ですが、建物づくりにおいては、とても大切な部分です。

整地の次は基礎のコンクリート打ち。
写真は「捨てコンクリート」が終わり、「墨出し」が完了したところです。「捨てコンクリート」とは、建物の強度とは関係のない部分で、建物の配置と形を出すためのもの。「墨出し」とは、捨てコンクリートの上に実際の基礎のラインを出していくことです。

この後は、「墨出し」したラインに合わせて鉄筋を組むことになるので、図面通りになっているか確認しながら、慎重に作業を進めます。

建物が姿を現し始めると、見られなくなる部分ですので、お施主様にもぜひご覧いただきたいのが基礎工事です。

次は、いよいよ建築の作業に入っていきます。またレポートさせていただきますので、お楽しみに。

「毎日が心地いい」を創りたい!