Instagramライブ「資金計画ウラバナシ」を実施いたしました!/京都、亀岡市の注文住宅 「+e.wood(プラスイーウッド)三浦製材」

【Instagramライブ「資金計画ウラバナシ」を実施いたしました!】

皆さん、こんにちは。亀岡市、京都市で注文住宅、リフォーム・リノベーション工事を手掛ける+e.wood(プラスイーウッド)三浦製材の中川です。

7月19日、Instagramライブを利用したオンラインセミナー「資金計画ウラバナシ」を開催いたしました。

税金や諸費用の計算など、少し難しいテーマでしたが、参加された方からもたくさんの質問をいただくなど、無事に実施することができました。

その一部をご紹介いたします。

告知の際にもお伝えしていた3つの数字。

140,000円

1,000円

0円

実はこれ、仮に3,500万円の住宅ローン利用を想定した場合、住宅ローン利用の際に必要となる登記費用の一部の金額でした。

ローンを借りる際の抵当権設定登記には、契約額に4/1,000の税率を掛けた税金が必要になります。3,500万円なら4/1000を掛けて140,000円になります。

ただし、自ら居住する住宅の場合は軽減措置があり1/1,000になります。3500万円に1/1000を掛けて35,000円です。

ここで注意が必要になります。

それは、住宅建築とローン利用のスケジュールの関係。

土地を購入して注文住宅を建てる場合、住宅が完成していない段階では「住宅ローン」としての軽減を受けられないのです。

一方、金融機関によっては登記の方法を変えることで費用を1,000円に抑えることや、0円で済ませられるケースも実際にはあります。

今回のセミナーでお伝えしたかったのは、建築費用だけでなく諸費用や税金なども、一番お得になる方法はお客様の計画内容によって、それぞれ違ってくるということ。

「A銀行で借りるなら〇月に借りるのがいいですよ」「B銀行なら●月に借りるのがいいですよ」など、その他計画に応じて変わるのです。

+e.wood(プラスイーウッド)では、お客様の建築計画を踏まえながら、最良の方法をご提案させていただきますので、お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。

【お知らせ】

現在、+e.wood(プラスイーウッド)では、「2世帯リノベーション」と「マンションリノベーション」に特に力を入れています。

亀岡市・京都市での施工事例も多数あります! 皆様のお問い合わせをお待ちしています。