Instagramライブ「リビング階段ってどうよ?」より/京都、亀岡市の注文住宅 「+e.wood(プラスイーウッド)三浦製材」

Instagramライブ「リビング階段ってどうよ?」より

皆さん、こんにちは。「木の家」「自然素材」でお悩みなら三浦製材へ!亀岡市、京都市で注文住宅、リフォーム・リノベーション工事を手掛ける+e.wood(プラスイーウッド)三浦製材の中川です。

先日お送りしたInstagramライブ「リビング階段ってどうよ?」でお話しした内容を、2回に分けてご紹介いたします。

「リビング階段」とは、文字通りリビングのなかに階段がある間取りプランのことです。まず「リビング階段」のメリットとデメリットを整理してみましょう。

皆さんが不安に感じたり、懸念されることが多いデメリットは

●子どもの友達と顔を合わせる

●2階の冷気が落ちてくる(冬場)

●生活音が気になる

●調理の匂いが家中に漂う…などがあります。

一方でメリットは

●子どもと顔を合わせることができる…家族全員がリビングを通過するため、子どもの帰宅もわかる

●吹き抜けが効果的になる…階段も吹き抜けの役割を果たすから

●明るいリビングになる…上階からの光が差し込むため

●階段がインテリアに(無駄なスペースにならない)…階段に行くための廊下やホールの分が不要になり、リビングを広くとることができる。さらに階段自体をインテリアの一部として効果的に利用できる、など。

お気づきかもしれませんが、実はメリットとデメリットは紙一重、表裏一体とも言えます。プランのつくり方や使い方に注意すれば、デメリットを解消することも充分可能です。実際の施工事例のご紹介も含め、この続きは次回でご紹介いたします。

※ライブ動画はこちらからご覧いただけます。お時間のある方はぜひチェックしてみてください。

https://www.miura-mutenka.jp/instagram-live/