湿気対策にウイルス不活性化機能もプラス!しっくいの魅力/京都、亀岡市の注文住宅 「+e.wood(プラスイーウッド)三浦製材」

【湿気対策にウイルス不活性化機能もプラス!しっくいの魅力】

皆さん、こんにちは。「木の家」「自然素材」でお悩みなら三浦製材へ!亀岡市、京都市で注文住宅、リフォーム・リノベーション工事を手掛ける+e.wood(プラスイーウッド)三浦製材の中川です。

今年は梅雨入りが早く、すでに大雨の被害が出ている地域もあるようですね、お気を付けください。

この時期の、ジメジメ対策に力を発揮してくれるのが漆喰(しっくい)の壁です。

素材自体が微細な空洞を持つ多孔質でできていて調湿機能をもつ漆喰は、湿気を吸収してジメジメや結露を防いでくれるほか、ペットの臭いなど生活臭を抑える消臭機能も持っています。

また、+e.wood(プラスイーウッド)が採用している「無添加住宅オリジナルしっくい」は化学接着材を含んでいないので、シックハウス症候群の原因となる接着剤由来の揮発性有機化合物を放出しません。

さらにもうひとつ。「無添加住宅オリジナルしっくい」にはウイルスを不活性化させる、注目すべき機能があります。消石灰が主成分のしっくいにヒト・コロナウイルス(HCoV-229E)を付着させる試験を行なったところ、5分間でウイルスを100%不活性化、つまり死滅させるという結果がでているのです。

詳細はこちら。

https://www.miura-mutenka.jp/2020/05/26/20200526/

優れた機能を持つしっくい。
現在建築工事が進んでいる南丹市の新築住宅でも、フルに使用させていただいています。先日は、乾く前のしっくい壁に「家族の手形」を取らせていただきました。キッチンカウンター下の手型は、お子さまが成長された頃に、大切な記念、懐かしい思い出となることでしょう♪

漆喰の魅力はショールーム「カーサ・フェリーチェ」でも実際に体験いただけます。

https://www.miura-mutenka.jp/casa-felice/