デザインガラスでつくるオリジナル収納家具/京都、亀岡市の注文住宅 「+e.wood(プラスイーウッド)三浦製材」

デザインガラスでつくるオリジナル収納家具

皆さん、こんにちは。「木の家」「自然素材」でお悩みなら三浦製材へ!亀岡市、京都市で注文住宅、リフォーム・リノベーション工事を手掛ける+e.wood(プラスイーウッド)三浦製材の中川です。

先日のブログでご紹介したデザインガラスのバリエーション。伝統的な模様、チェッカーガラスは、どこか懐かしい印象も受けますね。

こうしたデザインガラスを実際に使った事例をみたい、とのお問い合わせをいただきましたので、ガラスを利用したオリジナル造作家具の施工例をご覧いただきます。

こちらはチェッカーガラスを採用したキッチン用の収納棚。ガラスの凹凸によって、中の食器類はシルエットが分かる程度にやんわりと目隠しされる効果があります。扉にはダンパーを付け、ゆっくりと閉じる設計です。

こちらは収納ではありませんが、デザインガラスを採用したドアと建具。自然光は入りますが、室内のディテールを隠せる目隠し効果のあるデザインガラスを使用しています。 すべて見せるのか、それともシルエットが分かる程度にぼんやりと見せるのか? デザインによって透過度を選択できるのがガラス素材の利点です。暮らしに合わせた収納や建具のご提案もできますので、お気軽にご相談ください。