グリーン住宅ポイント制度って何? / 京都、亀岡市の注文住宅 「+e.wood(プラスイーウッド)三浦製材」

グリーン住宅ポイント制度って何?

皆さん、こんにちは。「木の家」「自然素材」でお悩みなら三浦製材へ! 亀岡市、京都市で注文住宅、リフォーム・リノベーション工事を手掛ける+e.wood(プラスイーウッド)三浦製材の中川です。

「グリーン住宅ポイント制度」が始まろうとしています。

この制度は、一定の省エネ性能など、条件を満たした新築住宅の購入やリフォーム工事に対してポイントが発行され、商品との交換や追加工事費用にあてることができるというもの。対象となるのは2020年12月15日から2021年10月31日までに契約を交わした住宅購入およびリフォーム工事。

発行ポイントは条件によって異なり、特例に該当する場合にはポイント数が加算されたり、上限が引き上げられる仕組みになっています。

新築住宅の場合は認定長期優良住宅やZEHなど、高い省エネ性能をもつことが条件となり、30万ポイントが基本。3人以上の子どもがいる世帯や3世代住宅などの特例条件を満たせばさらに30万ポイントが加算されます。

中古住宅の場合は購入対象が「空き家バンク登録住宅」、「東京圏からの移住」など4つの条件があげられており、30万ポイントが付与されます。東京圏から亀岡市への移住、といったケースは対象となる可能性がありますね。

また、リフォームにもポイントが付与されます。

対象となるのは断熱改修かエコ設備の設置のいずれかが必須の条件となります。これに併せて耐震改修やバリアフリー改修を行う場合はポイントの対象となり、工事の部位ごとに決められたポイント(0.2~15万ポイント)に該当するごとに加算される仕組みです。上限は1戸当たり30万ポイントとなっています。

一定の条件があるものの、対象となるならぜひ利用を考えたい制度です。

グリーン住宅ポイント制度についても、お気軽にご相談ください。