ハザードマップをもう一度確認してみましょう/京都、亀岡市の注文住宅 「+e.wood(プラスイーウッド)三浦製材」

【ハザードマップをもう一度確認してみましょう】

皆さん、こんにちは。「木の家」「自然素材」でお悩みなら三浦製材へ!亀岡市、京都市で注文住宅、リフォーム・リノベーション工事を手掛ける+e.wood(プラスイーウッド)三浦製材の中川です。

先日から、全国各地でこれまでに経験したことがない量の雨が降り続きました。幸いにも亀岡市周辺では大きな被害を受けてはいませんが、地球温暖化の影響なのか、私たちの暮らしを取り巻く環境や季候は確実に変わってきています。

この先は台風が接近するシーズンを迎えます。大雨や台風といった自然災害は、いつ発生するかわかりません。自分の住んでいる場所や、これから土地の購入やマイホーム建築を考えている場所は洪水や崖崩れなどの影響を受けないのか? 災害リスクはないのか? 災害が発生する前にリスクを知り、備えをしておくことが大切です。

防災のための重要な情報源となるのがハザードマップです。

地元・亀岡市でも地域別に洪水ハザードマップを提供してくれています。もしもご覧になったことがないなら、まずはこちらのサイトからダウンロードをしてみてください。

http://www.city.kameoka.kyoto.jp/bousai/anzen/bosai/hazard-map/kozui-hm.html

山が迫り、急流も多い亀岡市内には、「洪水想定区域」や「土砂災害警戒区域」などの指定エリアも多数あります。今回の豪雨で影響がなかったエリアであっても、台風シーズンを迎える前に、チェックしてみることをおすすめします。

また、ハザードマップ情報を集約した「ハザードマップポータルサイト」もありますので、こちらも参考に。

https://disaportal.gsi.go.jp/index.html