高気密・高断熱の落とし穴、冬暖かいは夏暑い!? ~「住まいあるある」~/京都の注文住宅 三浦製材「+e.wood(プラスイーウッド)」

高気密・高断熱の落とし穴、冬暖かいは夏暑い!? ~「住まいあるある」~

皆さん、こんにちは。+e.wood(プラスイーウッド)三浦製材の中川です。

底冷えのするこの季節、「暖かい家に住みたい…」と願う方も多いはず。

今回は「住まいあるある」から、高気密・高断熱の落とし穴をご紹介いたします!

もし、これから住宅を建てるなら、最新かつ高性能で建てたい、と思いますよね。

冬は暖かさ、夏は涼しさが、アピールされる高性能住宅がいい…。

しかし、冬暖かいということは夏には暑い!ということです。

高気密・高断熱でエアコンが良く効く家=涼しい家ではありません。

夏場、暑く熱のこもった部屋を涼しくするために使うエネルギーは相当な量だということは一般的には知られていません。

夏、熱のこもらない住宅は性能だけでは叶いません。

住まいを構成する素材の本質を知り、さらに「風」や「陽光」など自然エネルギーを最大限に利用するパッシブデザインを採用することで、快適で居心地の良い住まいが可能になるのです。

私たち+e.wood(プラスイーウッド)がご提供するMUKU HOUSEは「心地よさをデザイン」する住まいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA