地松 八角で/ 京都、亀岡市の注文住宅 「+e.wood(プラスイーウッド)三浦製材」

地松 八角の梁です。カンナ仕上げ後なので輝いています!
大工さんに加工していただきました。
八角の梁が取付きました。

みなさんこんにちは。
亀岡市、京都市で注文住宅やリフォーム、
リノベーション工事を手掛ける+e.wood(プラスイーウッド)の大見です。

現在、向日市で進めております新築工事では、
地松を加工した八角の梁を使用しています。
こういう複雑な形状のものを構造に使おうとすると、
機械で加工できないので、他の構造材と組み合わさる部分を
大工さんに手加工してもらわなくてはなりません。

そこで、弊社の工場に材料を入れて、
大工さんに加工していただきました。

昔は、他の構造材(土台・柱・梁)も
全て、大工さんが墨付けして刻んでいました。

今ではプレカットといいまして、
コンピュータ制御の機械で刻んでいきます。

そのもとになる図面をチェック及び打ち合わせするのが、
現場監督の大事な仕事の一つです。

お知らせです。

現在、+e.wood(プラスイーウッド)では、
「2世帯リノベーション」と「マンションリノベーション」に特に力を入れています。
亀岡市・京都市で施工事例多数あります!
皆様のお問い合わせをお待ちしています。

「毎日が心地いい」を創りたい!