エアコンの室外機置き場は大丈夫?「住まいあるある」から/ 京都、亀岡市の注文住宅 「+e.wood(プラスイーウッド)三浦製材」

【エアコンの室外機置き場は大丈夫?「住まいあるある」から】

皆さん、こんにちは。亀岡市、京都市で注文住宅、リフォーム・リノベーション工事を手掛ける+e.wood(プラスイーウッド)三浦製材の中川です。

今回はInstagramで好評をいただいている「住まいあるある」シリーズから、エアコンの室外機置き場についてご紹介いたします!

住まいづくりでよくある失敗のひとつが「エアコンの室外機置き場」。

間取りの打ち合わせはとても楽しくて、ついつい楽しい所ばかりに目線がいきがち。

いざ家が完成したあと、エアコンを設置しようとすると室外機を思わぬところに設置することになり、外観を損ねてがっかり…。

そんな残念なケースがあります。特に、工務店やハウスメーカーに発注せず、ご自身でエアコンを手配する時などによくこの問題が発生します。

その理由は資金計画の際(予算取りの際)、エアコンをご自身の手配でやろうと思うと、ついつい予算のことを優先しがちになるからです。

エアコン設置位置も「設計」の大切なポイントの一つです。

配管やダクトの位置、給湯器など他の設備との配置も考慮しながら、設計する必要があるのです。

【お知らせ】

現在、+e.wood(プラスイーウッド)では、「2世帯リノベーション」と「マンションリノベーション」に特に力を入れています。

亀岡市・京都市での施工事例も多数あります!

皆様のお問い合わせをお待ちしています。

【LINE公式アカウントができました! 】

公式アカウントは @miura-seizai

また、友だち追加は以下のURLから!

https://lin.ee/4mJfa3TzI