桧(ひのき)の本当の色はピンクや白なのです/京都、亀岡市の注文住宅 「+e.wood(プラスイーウッド)三浦製材」

桧(ひのき)の本当の色はピンクや白なのです

皆さん、こんにちは。「木の家」「自然素材」でお悩みなら三浦製材へ! 亀岡市、京都市で注文住宅、リフォーム・リノベーション工事を手掛ける+e.wood(プラスイーウッド)三浦製材の中川です。

皆さんは、桧(ひのき)の本当の色をご存知でしょうか?

写真は35℃の超低温乾燥で仕上げた「e-BIO(イービオ)」の桧です。普段見慣れている桧とは、少し違っていると思いませんか? ピンクと白の鮮やかな色を持ち、節は赤い。これが桧本来の姿です。

木は伐採したままでは建築素材としては利用できず、乾燥工程が必要になります。

一般的な木材は80℃以上の高温となる乾燥室で乾燥を行う「高温乾燥材(KD材)」がほとんど。しかし、木の細胞は40℃以上になると細胞壁が壊れ、細胞内の水分や成分が流れ出てしまいます。色も、少し焦げたような濃い色調になってしまうのです。

一方、三浦製材オリジナルの35℃超低温乾燥材「e-BIO(イービオ)」は、文字どおりの低温で、細胞を破壊しない温度でじっくりと乾燥を行います。細胞を破壊していないので、木が本来持っている調湿機能を維持し、防虫効果のあるヤニ成分も保持しています。ヤニはフローリングや化粧材には少々厄介な代物ですが、土台や柱など構造材にはなくてはならない成分です。

また、35℃超低温乾燥材「e-BIO(イービオ)」は、強度面でも高温乾燥材と大きな違いを持っています。どれだけの違いがあるのか、手割りの実験もしていますので、ぜひこちらもご覧になってください。

「e-BIO(イービオ)」を使った家づくりのご用命は+e.wood(プラスイーウッド)まで!

【お知らせ】

現在、+e.wood(プラスイーウッド)では、「2世帯リノベーション」と「マンションリノベーション」に特に力を入れています。

亀岡市・京都市での施工事例も多数あります!

皆様のお問い合わせをお待ちしています。

【LINE公式アカウントができました! 】

公式アカウントは @miura-seizai

また、友だち追加は以下のURLから!

https://lin.ee/4mJfa3TzI

前の記事

お好みの洗面台は?