e-BIO(イービオ)フローリング材が亀岡市役所のレストランに採用!/ 京都、亀岡市の注文住宅 「+e.wood(プラスイーウッド)三浦製材」

e-BIO(イービオ)フローリング材が亀岡市役所のレストランに採用!

皆さん、こんにちは。「木の家」「自然素材」でお悩みなら三浦製材へ!亀岡市、京都市で注文住宅、リフォーム・リノベーション工事を手掛ける+e.wood(プラスイーウッド)三浦製材の中川です。

三浦製材が誇るオリジナルの無垢材、35℃超低温乾燥材e-BIO(イービオ)を採用いただいた亀岡市役所のレストランのリニューアル工事が先日竣工を迎えました。

採用いただいたのは杉材を超低温乾燥させたe-Bio(イービオ)。少し離れた窓からの光でも、充分に杉のフローリングが映えて明るい空間がつくれています。

ご担当者からは「美しい杉の無垢材が中央に配置できたことで、大変気持ちの良い空間になりました。杉フローリングは土足で上がるスペースになりますが、あんまり綺麗なので、もったいなくてみなさん靴を脱いで上がったりしています」と、うれしいお声もいただきました。

木を高温で乾燥させると細胞の破壊が始まり、中にある有機酸が流れ出して熱の影響で酸化を起こします。実はこれがアレルギーの原因となるのです。私たちのe-BIOフローリング材は35度の超低温で乾燥させているので、細胞破壊は起こしません。

気持ちがよく、身体にも優しい木。安心してお使いいただけるe-BIO(イービオ)。亀岡市役所を訪問された際には、ぜひレストランでご体験いただければと思います。

工事途中の様子はこちらの動画からも、ご覧いただけます

e-BIO(イービオ)の詳細については、こちらをご覧ください。

https://miura-seizai.com/service/e-bio/